So-net無料ブログ作成
検索選択

食の文化誌「あじくりげ」展、文化のみち二葉館で6月21日(水曜日)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

名古屋市東区橦木町にある「文化のみち二葉館」(名古屋市旧川上貞奴邸)において6月21日(水曜日)まで、

 食の文化誌「あじくりげ」展

が開かれています。

・開催日時 : 2017年5月24日(水曜日)~6月21日(水曜日)
・開催場所 : 文化のみち二葉館2階展示室(名古屋市東区橦木町3-23)
・入場料  : 無料(要入館料)

食の文化誌「あじくりげ」は、2016年5月号を以って終刊となった「食」をテーマにした1956年創刊の文芸冊子で、総刊行数は693冊にのぼるそうです。

170604文化のみち二葉館⑧、トークイベントのチラシと「あじくりげ」 (コピー).JPG
~ 「あじくりげ」展のチラシと食をテーマにした文芸冊子「あじくりげ」。




さて、6月4日(日曜日)の午後0時40分頃に、「文化のみち二葉館」(名古屋市旧川上貞奴邸)へ行ってきました。

170604文化のみち二葉館① (コピー).JPG
~ 文化のみち二葉館(名古屋旧川上貞奴邸)。

2階の展示室で展示されている文芸冊子「あじくりげ」を観覧した後、1階の大広間で午後1時30分から始まった関連企画 ~トークイベント「あじくりげ」を語る~ に参加しました(参加費:無料)。

トークイベント「あじくりげ」は、進行役の三田村博史さん(中部ペンクラブ会長)、馬場駿吉さん(名古屋ボストン美術館館長、俳人)および安田文吉さん(東海学園大学特任教授)の3名による座談会形式で進められ、「原稿の締め切りにいつも遅れた」といったエピソードなどが披露されました。

170604文化のみち二葉館⑤、鼎談者 (コピー).JPG
~ (左から)入場する安田さん、馬場さん、そして三田村さん。

なお、~食の文化誌「あじくりげ」展~が行われている2階の展示室の隣の部屋で、「あじくりげ」のバックナンバーが無償提供されていました。掲載内容を1冊1冊確かめる時間がなかったので、表紙に載っている特集のテーマで判断して、「甘味」、「コーヒー・紅茶」、「茶のひととき」、「お菓子」などが特集されている「あじくりげ」を10冊ほど持ち帰りました。





nice!(78)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 78

コメント 2

toshi

食文化、とても奥が深そうですね。
by toshi (2017-06-07 18:49) 

wattana

toshi さん、こんにちは。
奥深い、です。
by wattana (2017-06-09 18:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。