So-net無料ブログ作成
検索選択

名勝 玄宮園の茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子で一服〔滋賀県彦根市〕 [茶室めぐり]

2017年5月28日(日曜日)の午前9時15分頃、「湖東焼の彦根」めぐりの途中で、名勝 玄宮園へ行ってきました。

170528玄宮園01、東門 (コピー).JPG
~ 名勝 玄宮園の東門。玄宮園単独の観覧料一般200円(彦根城との共通券あり)。

彦根城の北東に位置する名勝 玄宮園は江戸時代、隣接する楽々園とともに「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれた下屋敷でした。延宝年間(1673~1681年)に彦根藩4代藩主・井伊直興によって築造されたと伝わる玄宮園は現在、回遊式庭園として一般開放されています(参照:彦根市教育委員会作成の解説シートなど)。

池(魚躍沼、ぎょやくしょう))に臨んで建てられた臨池閣(りんちかく、現在の八景亭)、鳳翔台(ほうしょうだい)、そして彦根城天守を眺めることができる場所まで歩きました。

170528玄宮園02、臨池閣、鳳翔台と彦根城天守 (コピー).JPG
~ 築山にある建物が、藩主が客をもてなすための客殿だった鳳翔台です。

170528玄宮園05、臨地閣、鳳翔台と彦根城天守 (コピー).JPG

鳳翔台は現在、茶席として利用されています。

170528玄宮園06、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)
 ・呈茶時間:午前9時~午後4時(年中無休)
 ・呈茶代 :500円(お抹茶・お菓子)




さて、名勝 玄宮園の回遊式庭園を歩いた後、茶席「鳳翔台」でお抹茶とお菓子をいただきました。

170528玄宮園08、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 10畳半の主室(手前)と7畳半の次室。

170528玄宮園10、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 使われていない古い茶室が見えます。

170528玄宮園14、鳳翔台(茶席) (コピー).JPG
~ 薫風の通る茶席「鳳翔台」。

170528玄宮園13、いとう重菓舗「埋れ木」 (コピー).JPG
~ 創業文化6年(1809年)のいと重菓舗の代表銘菓「埋れ木(うもれぎ)」。

☆ 名勝 玄宮園の茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)
  (滋賀県彦根市金亀町3-40)
☆ 2017年5月28日 (日曜日)午前9時15分頃利用





nice!(101)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 101

コメント 2

oko

ナイスを押そうと思ったらログアウト状態に
なってしまいます・・・
すみません・・・
by oko (2017-05-30 09:03) 

wattana

oko さん、こんにちは。
ごていねいに、ありがとうございます。
by wattana (2017-05-30 18:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。