So-net無料ブログ作成
検索選択

「文化のみち二葉館」広がり講座「名古屋の食文化を考える~名古屋メシと喫茶店~」を受講しました [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

2017年4月30日(日曜日)の午後1時頃に、名古屋市東区橦木町にある「文化のみち二葉館」へ行ってきました。

170430文化のみち二葉館①、外観 (コピー).JPG
~ 「文化のみち二葉館」は、日本初の女優と謳われた川上貞奴と、 電力王と称された福沢桃介が、大正から昭和初期にかけて暮らしていた邸宅を移築・復元した建造物です。

「文化のみち二葉館」を訪ねたのは、広がり講座「名古屋の食文化を考える~名古屋メシと喫茶店~」を受講するためです。

170430文化のみち二葉館③、広がり講座会場 (コピー).JPG

講師は、名古屋の喫茶店、名古屋メシなどに関する数多くの著書がある名古屋ネタライターの大竹敏之さん。

170430文化のみち二葉館⑨、大竹敏之さんの著書 (コピー).JPG
~ 名古屋ネタライターの大竹敏之さんの著書。


さて、定刻の午後1時30分より始まった講座において大竹敏之さんから最初に、「名古屋メシ」のネーミングの由来、「名古屋メシ」の定義、そして「名古屋メシ」の特徴をレクチャーがありました。

170430文化のみち二葉館④、広がり講座講師の大竹敏之さん (コピー).JPG

続いて、「名古屋メシ」ランキングの発表。

大竹さんが行ったアンケートによると、トップ10は「味噌煮込みうどん、味噌かつ、ひつまぶし、手羽先、あんかけスパゲティ、台湾ラーメン、きしめん、スガキヤラーメン、どて煮、モーニング」の順だったそうです。

170430文化のみち二葉館⑧、広がり講座の資料 (コピー).JPG
~ 他の調査においても、似たような結果が出ているそうです。

続いて、新「名古屋メシ」の紹介がありました。~志の田うどん、海老おろし、たまり煮込み(すまし)、ころうどん、トンちゃん、鬼まんじゅう、台湾まぜそば、カレー煮込みうどん、幅広きしめん。

大竹敏之さんの今回の講座の〆は、名古屋の喫茶店でした。

170430文化のみち二葉館⑥、広がり講座のチラシと資料 (コピー).JPG

続・名古屋の喫茶店

続・名古屋の喫茶店

  • 作者: 大竹 敏之
  • 出版社/メーカー: 星雲社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 単行本



なお、「文化のみち二葉館」において6月4日(日曜日)、東海学園大学特任教授の安田文吉さんと名古屋ボストン美術館館長の馬場駿吉さんによる~トークイベント「あじくりげ」を語る~が開催されるそうです。「あじくりげ」は、名古屋タイムズ社が刊行していた「食」をテーマにした文芸冊子です。

☆ 「文化のみち二葉館」
 (名古屋市東区橦木町3丁目23番地)
☆ 2017年4月30日(日曜日)午後1時~3時10分




名古屋の商店街

名古屋の商店街

  • 作者: 大竹 敏之
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(96)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 96

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。