So-net無料ブログ作成

「京都府産宇治抹茶」と「宇治抹茶」の違い 〔加工食品の原料原産地表示〕 [食品表示]

公益社団法人京都府茶業会議所の公式サイトを参照すると、「宇治茶」の定義が載っています。

宇治茶は、歴史・文化・地理・気象等総合的な見地に鑑み、宇治茶として、ともに発展してきた当該産地である京都・奈良・滋賀・三重の四府県産茶で、京都府内業者が府内で仕上加工したものである。ただし、京都府産を優先するものとする。

この定義に基づくと、「宇治茶」の原料原産地(=荒茶の産地※①)は、京都府、奈良県、滋賀県または三重県のいずれかでよいことになります。

※①:消費者庁作成「食品表示基準Q&A」別添「原料原産地表示」の(問5-2)を参照するとの記載があります。

(問5-2)緑茶の原料原産地はどのように表示すればよいのですか。 (答) 1 緑茶の原料原産地表示としては、荒茶※②の製造国を表示してください。・・・(略)・・・


※②:一般社団法人日本茶業中央会が定めた「緑茶の表示基準」の定義を参照すると、「荒茶」について次の説明が載っています。

この表示基準において、「荒茶」とは、チャの葉から製造したもので仕上げ加工前の茶をいい、「仕上茶」とは、荒茶を原料として仕上げ加工し飲食用に供する状態にした最終製品をいう。


新しい食品表示がわかる本

新しい食品表示がわかる本

  • 作者: 森田 満樹
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2016/11/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



さて、スーパーマーケットのお菓子売場にはこの時期、抹茶を使ったいろいろなお菓子が勢ぞろいしています。

次の写真をご覧ください。

170402宇治抹茶を使ったお菓子① (コピー).JPG
~ (左上から時計回りに)不二家「12粒ルック 抹茶フォンデュ」、カバヤ食品「カレーム クアトロ 宇治抹茶」、森永製菓「ダース 宇治抹茶」。

この3つのお菓子はいずれも、京都府産(または京都産)宇治抹茶を使ったお菓子です。

それでは、それぞれのパッケージの表面(任意表示)を見てみましょう。

170402宇治抹茶を使ったお菓子⑥、不二家「12粒ルック抹茶フォンデュ」表面 (コピー).JPG
~ 「京都府産石臼挽き宇治抹茶使用」との記載があります。

170402宇治抹茶を使ったお菓子②、カバヤ「カレーム クアトロ 宇治抹茶」表面 (コピー).JPG
~ 「京都府産茶葉51%使用(茶葉に占める割合)」との記載があります。ということは、49%は京都府産以外の「宇治抹茶」になります。

170402宇治抹茶を使ったお菓子④、森永製菓「ダース宇治抹茶」表面 (コピー).JPG
~ 「京都産石臼挽き抹茶使用」と記載があります。

この3つのお菓子が「宇治抹茶」の前に冠している「京都府産」または「京都産」は、「宇治抹茶」の原料原産地(=荒茶の産地)が「京都府」または「京都」(京都府または京都市?)であることを示すものだと考えられます。

それでは、次の写真をご覧ください。

170402宇治抹茶を使ったお菓子⑧、YBC「ピコラ宇治抹茶ラテ」表面 (コピー).JPG
~ 「宇治抹茶」だけの記載なので、原料原産地(=荒茶の産地)がどこなのかは不明です。


新しい食品表示がわかる本

新しい食品表示がわかる本

  • 作者: 森田 満樹
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2016/11/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(92)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 92

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0