So-net無料ブログ作成
検索選択

九條家遺構「拾翠亭」(茶室)〔京都御苑〕 [茶室めぐり]

国民公園としていつでも自由に入ることができる京都御苑は江戸時代、二百もの公家や宮家の邸宅が立ち並ぶ公家町だったそうです。

この京都御苑の一角に、五摂家の一つであった九條家の別邸だった「拾翠亭(しゅうすいてい)」があります。

170303九條家遺構「拾翠亭」③ (コピー).JPG
~ 九條家遺構「拾翠亭」の表門、2017年3月3日撮影。

江戸時代後期に九條家の茶室として建てられた「拾翠亭」は現在、通年公開されています。

 ・参観日 :年末・年始を除く毎週木・金・土曜日および
       葵祭(5月15日)、時代祭(10月22日)
 ・参観時間:午前9時30分~午後3時30分
 ・参観料 :100円(高校生以上)

170303九條家遺構「拾翠亭」⑬、高倉橋より (コピー).JPG
~ 九條池にかかる高倉橋の上から見る九條家遺構「拾翠亭」。





さて、3月3日(金曜日)の午後0時50分頃に、九條家遺構「拾翠亭」へ行ってきました。

京都市営地下鉄烏丸線の丸太町駅の1番出入口より歩いて2~3分です。

170303九條家遺構「拾翠亭」⑪、四阿から見る (コピー).JPG
~ 四阿側から見た「拾翠亭」です。

数寄屋風書院造の1階の北側に三畳中板の小間があります。

170303九條家遺構「拾翠亭」⑩、小間 (コピー).JPG
~ 小間は入室禁止です。

170303九條家遺構「拾翠亭」⑦、一階広間 (コピー).JPG
~ 一階の広間。

170303九條家遺構「拾翠亭」⑨、一階広縁 (コピー).JPG
~ 一階の広縁。

170303九條家遺構「拾翠亭」④、二階座敷 (コピー).JPG
~ 二階の座敷。

「拾翠亭(しゅうすいてい)」は、茶会、句会、謡曲などの会合に利用できます(年末・年始、参観日を除く)。

詳しいことは、国民公園協会「京都御苑」の公式サイトをご覧ください。





nice!(83)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 83

コメント 2

kuwachan

私も訪れたことがあります。風情のある一角ですよね。
by kuwachan (2017-03-04 09:21) 

wattana

kuwachan さん、おはようございます。
昨年の12月~1月は、
九條池の浚渫工事で一般公開が休止されていましたが、
2月から公開が再開されました。
(現在は、拾翠亭の屋根の修理中)
by wattana (2017-03-05 04:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0