So-net無料ブログ作成

全ての加工食品を対象とした原料原産地表示の義務化 〔「おにぎりののり」の扱い〕 [食品表示]

消費者庁と農林水産省の共催で2016年1月29日に設置された「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」(以下「検討会」)は、合計10回にわたり議論を行い、加工食品の原料原産地表示の拡大に向けた具体的な方策を検討しました。

その結果、「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会中間取りまとめ」(表紙・目次含め33ページ、以下「中間とりまとめ」)が2016年11月29日に公表されました。

「中間とりまとめ」を読むと、原料原産地表示義務化の対象になるのは;
全ての加工食品について、重量割合上位1位の原材料


原料原産地の表示方法は;
「国別重量順表示」を原則とする。ただし、「国別重量順表示」が難しい場合には、消費者の誤認を防止するための方法を明確にした上で、例外の表示を認める。

となっています。




さて、「全ての加工食品の重量割合上位1位の原材料」が義務表示の対象ですが、「中間とりまとめ」の23ページを参照すると、「おにぎりののり」が例外として義務表示の対象となる可能性があります。

おにぎりという国民食において、のりの原料原産地は、のり生産者の意向も強く、消費者の商品選択の上で重要な情報と考えられ、表示義務付けの実行可能性があると見込まれることから、義務表示の対象とすることについて異論はなかった。・・・「中間とりまとめ」23ページより引用。


170201中部フーズ手巻きおにぎり(種なし梅干し)①、表面 (コピー).JPG
~ 中部フーズ手巻きおにぎり「種なし梅干」。

170201中部フーズ手巻きおにぎり(種なし梅干し)②、裏面 (コピー).JPG
~ 中部フーズ手巻おにぎり「種なし梅干」の一括表示。

「おにぎりののり」を例外的に義務表示の対象とすることについて「検討会」において異論は出なかったそうですが、「おにぎり」だけを例外的に対象とすることについては、パブリックコメントなどで異論がでるのではないでしょうか。

たとえば、海苔を使った「海苔巻きののり」はどうなるのでしょうか?

170201中部フーズこだわり具材の田舎太巻② (コピー).JPG
~ 中部フーズ「こだわり具材の田舎太巻」。

170201中部フーズこだわり具材の田舎太巻④ (コピー).JPG
~ 中部フーズ「こだわり具材の田舎太巻」の原材料名表示。





新しい食品表示がわかる本

新しい食品表示がわかる本

  • 作者: 森田 満樹
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2016/11/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(107)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 107

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0