So-net無料ブログ作成

「老舗京菓子屋」さん・・・1 [和菓子の京都]

9月6日付の拙ブログ記事「一和(一文字屋和助)」へ行ってきましたで、京都で最も古い京菓子屋さんとして京都・紫野の今宮神社東門前にある茶屋「一和(一文字屋和助)」をご紹介しました。

今回は、「京都の老舗創業番付」(新創社編2007)に載っている「一和(一文字屋和助)」以外の老舗京菓子屋の一部をご紹介します。

最初は、西本願寺(浄土真宗本願寺派の本山)の前にある本派本山松風調進所「亀屋陸奥」(かめやむつ)です。

130905亀屋陸奥②.JPG
~ 間口が狭い京菓子屋が多い京都にはめずらしく、横に長い店舗です。

室町時代中期の応永28年(1421年)創業。

代表銘菓は、松風。

130905亀屋陸奥④.JPG
~ 2013年9月5日(木曜日)に堀川通の反対側(西本願寺側)から撮った写真です。




次にご紹介するのは、文亀3(1503)年創業の御粽司「川端道喜」(おんちまきし「かわばたどうき」)

120529川端道喜①.JPG
~ 現在の店舗は、京都・下鴨の京都ノートルダム女子大学近くにあります。2012年5月29日(火曜日)に撮った写真です。

「川端道喜」は、応仁の乱後の宮中の財政が苦しかった時代から明治天皇が京都を離れる前日まで、「御朝物」と呼ばれた塩餡でくるんだ餅を毎朝宮中へ献上していたそうです。

120307京都御所②、道喜門.JPG
~ 「川端道喜」が「御朝物」を献じるために通った門「道喜門」は、建礼門の東側に今も残っています。2012年3月7日(水曜日)に撮った写真です。

120307京都御所③、道喜門.JPG

和菓子の京都 (岩波新書)

和菓子の京都 (岩波新書)

  • 作者: 川端 道喜
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/04/20
  • メディア: 新書


~ 川端道喜(十五代)・著「和菓子の京都」には、道喜の粽、葩餅、御朝物などのことが詳しく書かれています。

御粽司「川端道喜」の道喜粽は、吉野本葛と京都・洛北の香りの良い笹の葉だけを使用し、保存料・添加物などは一切使用しないで昔ながらの製法で作っているそうです。

製造数に限りがある道喜粽、季節の生菓子は予約が原則ですが、「おいとぽい」は予約なしで購入することができます。

120319川端道喜①、おいとぽい.JPG
御粽司「川端道喜」は、裏千家の初釜の主菓子「葩餅(はなびらもち)」の作者としても知られています。

続いて、天正15(1587)年創業の「長五郎餅本舗」。

121201北野天満宮④、長五郎餅.JPG
~ 北野天満宮の境内(東門を入ったところ)にある茶店です。2012年12月1日(土曜日)の「献茶祭」に撮った写真です。出店するのは、毎月25日の御縁日と北野天満宮で行事がある日に限られています。

本店は、北野天満宮から近い中立売通の京都こども文化会館(エンゼルハウス)の東隣にあります。

130716長五郎餅②、長五郎餅とあんころ.JPG
~ 手前が「あんころ」(漉し餡と粒餡)、奥が「長五郎餅」です。2013年7月16日(火曜日)に本店のお茶席を利用した時に撮った写真です。

・・・(その2)へ続く





nice!(110)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 110

コメント 8

ちゅんちゅんちゅん

こんばんは!
あんころに釘づけです☆
餡に艶があって 絶対美味しいですよね(笑)
京都は また是非行ってみたいです(^^)
by ちゅんちゅんちゅん (2013-09-07 04:50) 

Ginger

この5月京都へ行ったときは観光客でうじゃうじゃして辟易しましたが、さすが旅の達人は選ぶポイントが違いますね~。
by Ginger (2013-09-07 13:36) 

ゆう

私は、漉し餡派です。。ヽ(*^^*)ノ

by ゆう (2013-09-07 23:51) 

wattana

ちゅんちゅんちゅんさん、おはようございます。
長五郎餅本舗は、定番の長五郎餅の他、季節季節のお菓子があります。京菓子屋さんめぐり、楽しいですよ。
by wattana (2013-09-08 03:38) 

wattana

Ginger さん、
京菓子職人の方との話、楽しく勉強になります。
by wattana (2013-09-08 03:48) 

wattana

ゆうさん、わたしはどちらも好きです。
by wattana (2013-09-08 03:49) 

マリアです。

こんにちは。
御所、外から見ました。道喜門。 そして歴史の後の蛤門。
道喜門には何の紹介看板も無くて、誰も天子様にお菓子を運んだ忠義の和菓子職人の通用門なんて思いませんよね。

紹介看板を立てたらよいのに、宮内庁!と思いましたよ。
ついでに言うと、御所の見学も民営化して、お金を取ればよいと思いました。今のままじゃ、御所は宮内庁職員の仕事のためだけの存在!?過激かしら。

今、天皇さまが執務もしていない、住居でもない、上京の時の宿泊所でもない、年中行事も何もない。
有料にして、ザクザク見学者を入れればいいのになあと思いましたよ。 ちょっと余談。
by マリアです。 (2013-10-01 19:55) 

wattana

マリアさん、おはようございます。
川端道喜は、応仁の乱後の財政が苦しかった時代から明治天皇が京都を離れる前日まで、「御朝物」と呼ばれた塩餡でくるんだ餅を毎朝宮中へ献上していたそうです。
道喜門は穴門と呼ばれる門の一つだそうですが、道喜門と記載がある案内図などはほとんどないようです。わたしは、道喜門を京都御所の中からも見ました。
by wattana (2013-10-02 08:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0