So-net無料ブログ作成

豚、ブタ、ぶた [食に関する情報]

豚の祖先は猪だと言われている。

猪を家畜化したものが豚。

現在のブタは新石器時代、人類の農耕開始とともに、中国、インド、西アジア、ヨーロッパでそれぞれ土着のイノシシを馴化して、家畜にしたものであるとされている。

~「トン考」(42ページ)~

トン考―ヒトとブタをめぐる愛憎の文化史

トン考―ヒトとブタをめぐる愛憎の文化史

  • 作者: とんじ
  • 出版社/メーカー: アートダイジェスト
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本


豚には、黒毛の豚がいる。

黒毛豚。

でも、
黒豚と呼べるのは
「バークシャー種」(*注)のみ。

(*注)平成11(1999)年9月1日から改正が適用された
 食肉小売品質基準(農林水産省畜産局長通達)に
 「バークシャー純粋種の豚肉のみを「黒豚」と表示できるものとする。」
 と明記(定義)されています。

農水省によると、黒豚の定義は「バークシャー種同士の交配から生産された豚」とし店頭で黒豚と表示できるのは「バークシャー純粋種の豚に限る」としている。

~「かごしま黒豚物語」(299ページ)

かごしま黒豚物語 (南日本ブックス)

かごしま黒豚物語 (南日本ブックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 南日本新聞開発センター
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本


「バークシャー種」は
六白と呼ばれることがある通り、
全身が黒色ではなく、
鼻、尻尾、四肢の6か所が白い。

日本で人気の 「イベリコ豚」は
全身が黒い豚 (純黒、Solid Black)。

でも、
イベリコ種 (Black Iberian)系統の
「イベリコ豚」は
「バークシャー種」ではないので
「黒豚」とは呼べない。

「イベリコ豚」
日本だけでなく世界中で人気、
流行っているらしい。

それにしても、パリでもニューヨークでも東京でも、突然姿をあらわしたイベリコ豚の生ハムが、あちこちの店にぶら下がっています。いったいどこから、あれだけの量が急にでてきたのでしょうか。

~ 「食卓は学校である」 の‘イベリコ豚は何頭いるのか’(147ページ)

食卓は学校である (集英社新書)

食卓は学校である (集英社新書)

  • 作者: 玉村 豊男
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: 新書


調べてみると、
「イベリコ豚」といっても
いろいろあるらしい。

現代の圧倒的な情報量と自在な物流の発達は、食の伝播、という概念を、食の流行、という現象に変えてしまったのかもしれません。長い時間かけて運ばれたものが、長い時間かけて受容され、定着する……という現象を伝播と呼ぶのだとすれば、現物が届く前に情報があり、情報を追ってすぐに現物が目の前にあらわれる現代では、すべてが一過性の流行になってしまうのでしょうか。

~ 「食卓は学校である」(148ページ)

一過性の食の流行を追うだけでは
おもしろくない。

外食生活者の
寄り道、探検、調査は続く。

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン
nice!(72)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 72

コメント 6

やまる

確かに。突然そこらじゅうにありますね、イベリコ。
種で味が変わるのは分かるんだけど、餌・育て方の方が味に格段の違いが出ると思うんですがねぇ…
by やまる (2010-11-12 08:14) 

じゅりあん

確かに今やどこに行ってもある、といっても
過言ではない感じのイベリコ豚。
本当にイベリコ豚なのかなぁ?と疑ってしまいます。
by じゅりあん (2010-11-12 12:44) 

wattana

やまるさん、イベリコ豚に続けと、フランス、イタリア、ハンガーリーなどからのブランド豚肉が入ってきています。
by wattana (2010-11-13 09:25) 

wattana

じゅりあんさん、日本で黒豚の定義が決まる前は、バークシャー種が半分入った豚(ハーフ)も‘黒豚’として販売されていました。さらに、バークシャー種が1/4(クオーター)でもOKという話もあったようです。イベリコ豚の定義はあるのでしょうが、それがしっかり守られていれば、問題はないと思います。でも、これだけ氾濫していると、本当にイベリコ豚? と疑いたくなりますね。
by wattana (2010-11-13 13:28) 

ごるだ

私のブログを評価していただきありがとうございます。wattanaさんのブログは食についての記事が多いですね。
畜産学科出身なので、この記事はすごく懐かしかったです。ぜひ、この本も読んでみようと思っています。
by ごるだ (2010-11-24 23:18) 

wattana

ごるださん、nice! とコメントをありがとうございました。‘食’に関するブログ記事を書いています。今は、‘豚’‘豚肉’に関する内容の記事が多くなっていると思います。
by wattana (2010-11-25 06:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。