So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」、彦根城博物館で11月28日(火)まで [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

国宝・彦根城が建つ彦根山(金亀山)の麓にある彦根城博物館において2017年11月28日(火曜日)までの期間、

国宝・彦根城築城410年祭関連事業
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」特別展
戦国!井伊直虎から直政へ

が開催されています。

s_171021彦根城博物館②、特別展.JPG

 ・会 期 :2017年10月21日(土曜日)~11月28日(火曜日)
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・休館日 :会期中無休
 ・観覧料 :一般500円(彦根城とのセットチケットもあります)
 ・アクセス:JR東海道本線・近江鉄道「彦根駅」より徒歩15分ほど





さて、2017年10月21日(土曜日日)の午前10時10分頃、彦根城博物館へ行ってきました。

s_171021彦根城博物館①、玄関.JPG
~ 彦根城博物館の玄関。彦根城博物館は1987年(昭和52年)2月に開館したミュージアムで、その建物は彦根藩の政所であった表御殿を復元したものです。

特別展「戦国!井伊直虎から直政へ 」は、次の4つの章に分かれています。

第1章「動乱を超えて~東海の戦国大名と井伊氏~」
第2章「遠江の雄~井伊谷の領主として~」
第3章「徳川家康と四天王」
第4章「遠江から近江へ~直政、彦根藩創設への道程~」

直虎の名と花押が記された唯一の古文書「井伊直虎・関口氏経連署状」、徳川家康から下賜された、伊賀越えの褒美「孔雀尾具足陣羽織」、天下分け目の合戦を描く「関ヶ原合戦図」、直孝が家康から拝領した井伊家随一の名宝「宮王肩衝茶入」などが展示されていますが、今回の特別展における展示品は彦根城博物館所蔵品以外のものもあるので、展示品の撮影は禁止されています。

今回の特別展初日の午前11時より始まったギャラリートーク(学芸員による展示解説)に参加しました(ギャラリートークの開催は10月21日のみです)。

なお、能舞台を眺めながらお抹茶と和菓子をいただくことができるお茶席(立礼席)が撤去されていました。この特別展開催期間中は、彦根城博物館内での呈茶は行わないそうです。




nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~橙色の会」(2017年度第7回) [笹屋伊織の女将塾]

笹屋伊織の女将塾「愛される所作~橙色の会」が2017年10月19日(木曜日)、名鉄百貨店本店本館9階のバンケットルームにおいて開催されました。午前・午後・夜の3部制。

講師は、創業享保元年(1716年)の京菓匠「笹屋伊織」10代目女将の田丸みゆきさん※です。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」16.JPG

笹屋伊織の女将塾「愛される所作」は毎月のテーマカラーが決まっています。

「今年度は、毎月の色のテーマを決めました。お召し物や小物に各回のテーマの色を少し意識して楽しんで頂ければと存じます。」
が田丸先生から受講者へのメッセージです。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」07.JPG

※田丸先生のプロフィール、定期セミナー情報などについては、「田丸みゆきオフィシャルサイト」をご覧ください。 → こちら

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら






さて、10月19日の午後2時頃より始まった笹屋伊織の女将塾「愛される所作~橙色の会」(2017年度第7回)の午後の部を受講しました。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」05 (2).JPG

田丸先生が選んだ「今月のお菓子」は、「み月」と干菓子です。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」03、み月.JPG

一つ目の「み月」は、「栗羊羹に村雨を重ね、さりげなく金箔をあしらった」お菓子です。

夜空に浮かぶ満月が思い浮かぶ「み月」は、皇室の菩提寺である総本山御寺泉涌寺(みてら・せんにゅうじ)境内で、年内は11月18日~12月3日の期間でしか購入することができないそうです。

JR東海の「そうだ京都、行こう」の2009年初秋のキャンペーンで紹介された泉涌寺のテレビCMのために特別に調整された「み月」は、泉涌寺の第154世長老の上村貞郎(ていろう)猊下(げいか)より御命名・御染筆を賜ったお菓子です。

s_161116和の美人度アップ講座15、み月.JPG

「み月」の「み」がひらがなになっているのは、美しい「美月」、月を観る「観月」、味わう「味月」、実りの「実月」、ますます栄える「弥月」、そして田丸先生(みゆき)の「み月」などいろいろな月を愛でていただくようにという思いが込められているからだそうだです。

「み月」についてのレクチャーが終わると、お抹茶と「み月」をいただいく甘楽茶楽タイム~。

s_171019女将塾「愛される所作~橙色の会」13.JPG

(2つ目のお菓子の干菓子は、省略します。)

次回は、2017年11月9日(木曜日)に開かれる女将塾「愛される所作~藍色の会」です。
 ・今月の色    :茶色
 ・今月のお菓子  :亥の子餅とお火焚きまんじゅう
 ・ワンポイント講座:京の伝統行事
 ・参加費     :1,500円

お申込、問い合わせは、京都イオリカフェ名鉄百貨店(電話:052-585-2924)まで。

これまでに開催された笹屋伊織の女将塾「愛される所作」につきましては、田丸みゆきオフィシャルサイトのセミナーレポートをご参照ください。 → こちら








老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

老舗京菓匠女将にならう 愛される所作

  • 作者: 田丸 みゆき
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(69)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東海農政局消費者の部屋特別展示「知って使って!米粉の魅力~米粉の普及推進、利用推進~」 [食に関する情報]

農林水産省は2017年8月9日、「平成28年度食料自給率等」と題したプレスリリースを公表しました。このプレスリリースを読むと、日本の2016年度(平成28年度)のカロリーベース食料自給率は前年度より1ポイント下がって38%でした。カロリーベース食料自給率が前年度を下回るのは6年ぶりのことで、天候不良により米が記録的な不作となった2005年度の37%に次ぐ、過去2番目の低さでした。

農林水産省は、2016年度のカロリーベース食料自給率が38%に減少した要因として、台風の影響などにより北海道で小麦と砂糖の原料となる甜菜(てんさい)の生産量がいずれも減少したことや、米の1人当たりの年間消費量の減少が続いていることを挙げています。




さて、1965年度(昭和40年度)のカロリーベース食料自給率は73%でした。2016年度は38%なので、約50年で半分近くになったことになります。食料自給率の減少は、自給率の高い米の消費が年々減少していることが大きな要因です。

農林水産省が今年9月に公表した「米粉をめぐる状況について」に載っている「コメの消費に関する動向」を参照すると、米の1人当たりの年間消費量は、1962年度(昭和37年度)をピークに毎年減少しています。具体的には、1962年度に118.3kgの米を消費していたのが、2016年度は、その半分以下の54.4kgになっています。

政府は米の消費量を増やすために、消費増が見込めない米の粒食ではなく、米粉の利用促進を図っています。

名古屋市中区三の丸にある東海農政局の消費者の部屋において10月26日(木曜日)までの期間、

特別展示「知って使って!米粉の魅力~米粉の普及推進、利用推進~」

が開かれています。ご興味のある方はぜひ東海農政局の消費者の部屋をお訪ねください。

♪ 東海農政局消費者の部屋
・住所:〒460-8516 名古屋市中区三の丸1-2-2
・担当:消費・安全部消費生活課消費者対応班
・電話:代表(052)201-7271(内線2806)
    ダイヤルイン:(052)223-4651

〔ご参考〕次の写真は東海農政局の消費者の部屋で10月13日に撮った写真です。

s_171013東海農政局消費者の部屋③、米粉とは.JPG

s_171013東海農政局消費者の部屋④.JPG

s_171013東海農政局消費者の部屋⑦.JPG

s_171013東海農政局消費者の部屋⑧.JPG






nice!(90)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

貸し切り状態で利用できなかった茶席「鳳翔台」〔滋賀県彦根市の名勝「玄宮楽々園」〕 [茶室めぐり]

2017年10月15日(日曜日)の午後1時35分頃に、名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

s_171015玄宮楽々園①、東口.JPG
~ 名勝「玄宮楽々園」の東口。門を入ると、東口券売所があります。

名勝「玄宮楽々園」は、江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷で、現在は庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「楽々園」にある御書院、地震の間(御茶座敷)、雷の間などへの入館はできませんが、外からの観覧は可能です。

s_171015玄宮楽々園⑦、御書院と地震の間.JPG
~ 「楽々園」にある御書院(左側)と地震の間(御茶座敷)。

「玄宮園」は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大池泉回遊式庭園です。観覧料は「玄宮園」単独で一般200円、年中無休。

「玄宮園」内の築山にある藩主が客をもてなすための客殿だった、よし葺寄棟造りの鳳翔台は現在、茶席として利用されています。

s_171015玄宮楽々園⑨.JPG
~ 魚躍沼畔から隣池閣、鳳翔台、彦根城天守を撮る。




さて、「楽々園」の御書院、地震の間などを外から観覧した後、西口券売所より玄宮園へ入園しました。

御書院と地震の間の遠景を撮った後、魚躍沼畔を歩き、いつもの場所で魚躍沼越しに隣池閣、鳳翔台、彦根城天守などを撮りました。

s_171015玄宮楽々園⑩.JPG
~ 強い光が見える茶席「鳳翔台」。

高橋を渡り、茶席「鳳翔台」の前に出ると、なんと大人数の撮影団による撮影の最中でした。実質貸し切り状態で、茶席でお茶を楽しむことはできませんでした。

s_171015玄宮楽々園⑬、茶席「鳳翔台」.JPG

東口と西口の券売所に「予約客利用中で茶席利用不可」の告知があればと思いました。





nice!(84)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「湖東焼窯場跡採取品展」へ行ってきました〔@旧彦根藩足軽組屋敷 善利組 服部家住宅〕 [彦根めぐり]

国宝・彦根城で知られる滋賀県彦根市には、江戸時代の足軽屋敷の町割りが静かな住宅地として今も残っています。

彦根市文化財解説シート「善利組足軽屋敷」を参照すると、「足軽く疾走する歩卒(ほそつ)」という意味の「足軽」屋敷は、城下町のもっとも外側に、城下を取り囲むように屋敷を連ね、彦根城と城下町を守る役割を担っていたそうです。

足軽屋敷の中で最大規模だったのは「善利(せり)組足軽屋敷」(現在の芹橋2丁目辺り)で、外堀と善利川(芹川)の間の東西約 750m、南北約 300mを占めたそうです。

この「善利組足軽組屋敷」が2017年10月14日(土曜日)と15日(日曜日)に特別公開されました。

s_171015足軽組屋敷特別公開①.JPG
~ 昭和新道(旧外堀)より辻番所通りを撮る。

s_171015足軽組屋敷特別公開②、吉居家住宅.JPG
~ 今回特別公開された足軽組屋敷の一つ「吉居家住宅」。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑲、辻番所.JPG
~ 辻番所・旧磯島家住宅。足軽屋敷解説板が設置されています。




さて、2017年10月15日(日曜日)の午後0時20分頃に、特別公開された足軽組屋敷の一つ服部家住宅を訪ねました。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑥、服部家住宅.JPG
~ 服部家住宅の解説板。

服部家住宅においては、NPO法人湖東焼を育てる会による「湖東焼窯場跡採集品展」が行われており、コンテナボックスに入った佐和山麓に残る湖東焼窯場跡より採集された陶磁片、窯道具などが展示されていました。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑦、服部家住宅(湖東焼窯場跡出土品).JPG

s_171015足軽組屋敷特別公開⑧、服部家住宅(湖東焼窯場跡出土品).JPG

湖東焼を育てる会のメンバーが服部家住宅において、これらの陶磁片、窯道具などを一つ一つていねいに整理分類しているそうです。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑮、作業机.JPG
~ 採集した陶磁片、窯道具の整理分類などを行う作業机。

s_171015足軽組屋敷特別公開⑩、服部家住宅(湖東焼窯場跡出土品).JPG

美術品として価値がある「湖東焼」は、彦根城博物館やたねや美濠美術館で観覧することができます。一方、歴史的な価値がある湖東焼窯場跡で採集された陶磁片、窯道具などを観覧する機会は少ないと思います。

ただの欠片(かけら)と言ってしまえば、それまでですが、出土陶磁片・窯道具を眺めながら幸田真音さんの「藍色のベンチャー」に書かれた湖東焼が焼かれた江戸時代末期へと時間旅行ができました。




nice!(89)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -