So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

「新鮮な鶏肉だから生で食べてもだいじょうぶ」は間違いです!〔生・半生・加熱不足の鶏肉料理によるカンピロバクター食中毒が多発しています〕 [食に関する情報]

今年3月16日に開かれた厚生労働省の審議会「薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会」(以下、「食中毒部会」)において2016年の食中毒発生状況が報告されました。「食中毒部会」で配布された資料「平成28年食中毒発生状況(概要版)」を参照すると、事件数は2015年よりも5.2%減って1,140件、患者数は10.9%減って20,253人でしたが、死亡者数は8人増えて14人となり、2000年以降では2002年の18人に次いで2番目に多い年となっています。

>3月16日開催「薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会」で配付された資料は厚生労働省ホームページよりダウンロードできます。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000155510.html

厚生労働省が大規模食中毒と呼んでいる患者数500人以上の事例は2件でした。一つ目は、東京都江東区のお台場で開催された「肉フェス」における鶏のささみ寿司を原因とするカンピロバクター食中毒でした。「肉フェス」は2016年4月28日~5月8日に全国5会場で開催され、福岡会場においても鶏のささみ寿司を原因とする食中毒(患者数266人)が発生しています。二つ目は、京都府の旅館で提供された料理が原因のノロウイルス食中毒ですが、原因食品は特定されていません。

「新鮮な鶏肉だから生で食べてもだいじょうぶ」は間違いです!




さて、3月16日の「食中毒部会」における「飲食店営業者等に対して鶏肉の提供にあたって加熱調理が必要である旨の情報伝達が重要だ」との議論を受けて、厚生労働省は消費者庁と連名で3月31日、「カンピロバクター食中毒対策の推進について」と題した文書を都道府県衛生主管部長などに宛てて発出し、関係事業者に対して次の2点の周知及び指導を要請しました。

1.食鳥処理業者、卸売業者等は、飲食店営業者が当該鶏肉を客に提供する際には加熱が必要である旨を、「加熱用」、「十分に加熱してお召し上がり下さい」、「生食用には使用しないでください」等の表示や商品規格書への記載等(以下「「加熱用」の表示等」)を行うことにより、確実に情報を伝達するよう措置すること。

2.飲食店において、生又は加熱不十分な鶏肉の提供が原因と特定又は推定(原因となった食事に含まれる場合を含む。)されるカンピロバクター食中毒が発生した際には、再発防止の観点から次により対応し、必要に応じて公表するとともに、食中毒調査結果として厚生労働省に報告すること。
(1)鶏肉に「加熱用」の表示等が行われていない場合には、食鳥処理業者、卸売業者に対して、当該表示等の徹底について指導を行うこと。
(2)鶏肉に「加熱用」の表示等が行われている場合には、飲食店営業者に対して、加熱用の鶏肉の生又は加熱不十分な状態での提供の中止を直ちに指導するとともに、定期的に当該業者に対する重点的な監視を行う等厳正に対応すること。

>発出文書は厚生労働省ホームページよりダウンロードできます。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000159937.pdf

「新鮮な鶏肉だから生で食べてもだいじょうぶ」は間違いです!

厚生労働省がカンピロバクター食中毒に関して飲食店営業者と消費者向けに作成した次の3つのリーフレットをご参照ください。

1.生や半生の鶏肉料理を扱う飲食店の皆様へ「カンピロバクターによる食中毒を予防しましょう」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000127750.pdf

2.飲食店の外食時にも注意「生・半生・加熱不足の鶏肉料理によるカンピロバクター食中毒が多発しています!!」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000130239.pdf

3.安全な家庭調理の心得「『新鮮だから安全』ではありません!!」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000130243.pdf





nice!(62)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本茶カフェ「san grams (サングラム)」で深蒸し茶と紅茶シフォンケーキ〔静岡県菊川市〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

2017年5月25日(木曜日)の午前10時5分頃に、green tea & garden cafe 「san grams (サングラム)」へ行ってきました。

170525サングラム①、外観 (コピー).JPG
~ 横に長~いスタイリッシュな「san grams (サングラム)」。

「san grams (サングラム)」は、静岡県菊川市のJR菊川駅から歩いて3分ほどのところにある日本茶カフェです。

170525サングラム③ (コピー).JPG




さて、「san grams (サングラム)」の利用は今回で3回目、テラス席を利用しました。

170525サングラム⑤、庭園から見るカフェ (コピー).JPG

「san grams (サングラム)」で今回オーダーしたのは、松孝園の深蒸し茶と紅茶シフォンケーキです。

170525サングラム⑥、丸孝園深蒸し茶 (コピー).JPG
~ 茶葉の量は、店舗名の通り「3グラム」。

1煎目から深緑の水色(すいしょく)

170525サングラム⑧、丸孝園深蒸し茶 (コピー).JPG

1煎目を飲み終える頃に、紅茶シフォンケーキが出てきました。

170525サングラム⑨、紅茶シフォンケーキ (コピー).JPG

170525サングラム⑩、紅茶シフォンケーキ (コピー).JPG

☆ green tea & garden cafe 「san grams (サングラム)」
 (静岡県菊川市堀之内1-1)
☆ 2017年5月25日(木曜日)午前10時5分頃利用





nice!(76)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」、彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで開催中 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

彦根城博物館において6月20日(火曜日)まで、

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」

が開催されています。

 ・会期  :2017年6月20日(火曜日)まで
 ・休館日 :会期中無休
 ・開館時間:午前8時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観覧料 :一般500円、小中学生250円(彦根城とのセット券あり)




さて、2017年5月20日(土曜日)の午前10時30分頃に、彦根城博物館へ行ってきました。

170520彦根城博物館①、入口 (コピー).JPG

展示室1で開かれているテーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」において、現存する煎茶の解説書としては最も古いという大枝流芳作「青湾茶話」(1756年)、井伊直弼作「楽焼急須」(江戸時代後期)など48点が展示されています。

170520彦根城博物館②、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

テーマ展「煎茶-文雅清遊のいとなみ-」の展示作品48点は、次の4つのセクションに分類されています。

 ・ 煎茶の伝来と広まり
 ・ 煎茶の道具
 ・ 湖東焼の煎茶道具
 ・ 煎茶の飾り

170520彦根城博物館④、テーマ展「煎茶」 (コピー).JPG

午前11時から始まった学芸員によるギャラリートークに参加しました。

☆ 「彦根城博物館」
 (滋賀県彦根市金亀町1番1号)
☆ 2017年5月20日(土曜日)午前10時30分~11時30分利用





nice!(108)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「吟月」@体験茶房「喫茶さくらえん」〔道の駅「茶の里東白川」〕 [喫茶店・カフェ・甘味処・酒蔵]

2017年5月17日(水曜日)の午後1時50分頃に、道の駅「茶の里東白川」へ行ってきました。

170517道の駅茶の里東白川② (コピー).JPG
~ 岐阜県加茂郡東白川村越原の国道256号線沿いにある道の駅「茶の里東白川」。





さて、道の駅「茶の里東白川」内にある体験茶房「喫茶さくらえん」で今年4月よりメニューに入った3つの温度帯で愉しむ特上煎茶「吟月」セットをオーダー、税込500円。

170517道の駅茶の里東白川⑦、特上煎茶「吟月」1煎目 (コピー).JPG
~ 「吟月」セット、(上の写真、時計回りに)60秒砂時計、氷が入ったグラス、大きい湯呑み、水が入った水差し、1煎目を入れた急須、小さい湯呑み、白川町黒川の大黒屋製「草餅」。

1煎目は、茶葉「吟月」4g x 60℃ x 1分で淹れたお茶が急須で提供されました。小さい湯呑みに入れて愉しみました(上の写真)。

2煎目は、「水出し」です。急須に水を注ぎ、60秒経ってから氷の入ったグラスに入れてオンザロックで愉しみました(下の写真2枚)。

170517道の駅茶の里東白川⑨、特上煎茶「吟月」2煎目 (コピー).JPG

170517道の駅茶の里東白川⑧、特上煎茶「吟月」2煎目 (コピー).JPG

3煎目は、ポットのお湯を大きい湯呑みに入れ、さらに湯呑みから急須に移し、蒸らし時間なしで大きい湯呑みで愉しました。

170517道の駅茶の里東白川⑩、特上煎茶「吟月」3煎目 (コピー).JPG
~ 草餅は3煎目と一緒にいただきました。

なお、道の駅「茶の里東白川」において今週末の5月20日(土曜日)と21日(日曜日)に新茶まつりが開かれます。

170517道の駅茶の里東白川⑫、新茶まつり (コピー).JPG

☆ 体験茶房「喫茶さくらえん」
 (岐阜県加茂郡東白川村越原1061 道の駅「茶の里東白川」内)
☆ 2017年5月17日(水曜日)午後1時50分頃利用






nice!(89)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

5月の「琥珀流し」@甘味処「栖園」〔大極殿本舗六角店〕 [京都の喫茶店・カフェ・甘味処・洋菓子店]

2017年5月16日(火曜日)の午後1時55分頃に、甘味処 「栖園 (せいえん) 」へ行ってきました。

170516和菓子の京都めぐり25、大極殿本舗(栖園) (コピー).JPG

「栖園」は、京菓子「大極殿本舗 六角店」に併設されている甘味処です。





さて、甘味処「栖園」の人気メニューは、色と香りが毎月変わる「琥珀 (こはく) 流し」です。

5月の「琥珀流し」は、小豆と抹茶蜜でした。

170516和菓子の京都めぐり29、栖園(琥珀流し) (コピー).JPG
~ ゆる~い寒天 (腰抜け寒天)が特徴です。

170516和菓子の京都めぐり26、栖園(琥珀流し) (コピー).JPG

久しぶりに利用した甘味処「栖園」、記録を見ると、最後に利用したのは、2012年8月26日のことでした。

★ 甘味処 「栖園 (せいえん)
  (京都市中京区六角町高倉東入堀之上町120「大極殿本舗六角店」内)
☆ 2017年5月16日 (火曜日)午後1時55分頃利用

blockquote>




nice!(80)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -