So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

「食品営業許可制度の見直しと営業届出制度の創設」が検討されています。 [食に関する情報]

食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三号)第52条は、公衆衛生に及ぼす影響の大きい飲食店営業、喫茶店営業など34業種について都道府県知事の許可を受けなければならないと定めています。

都道府県知事の食品営業許可が必要な34業種は、食品衛生法施行令(昭和二十八年政令第二百二十九号)第35条(営業の指定)に明記されています。34業種の中で調理業に分類されるのは、飲食店営業と喫茶店営業の2業種です。

飲食店営業:一般食堂、料理店、すし屋、そば屋、旅館、仕出し屋、弁当屋、レストラン、カフエー、バー、キヤバレーその他食品を調理し、又は設備を設けて客に飲食させる営業をいい、次号に該当する営業を除く。 ~食品衛生法施行令より引用した。


喫茶店営業:喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業をいう。 ~ 同上、下線はwattanaが引いたもの。


上記の飲食店営業と喫茶店営業の定義から「喫茶店営業に該当しない調理業は、飲食店営業の許可の取得」が必要となります。

では、次のケースは喫茶店営業(酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業)に該当するのでしょうか? 

s_170101コメダ小坂井店②、アイスコーヒー.JPG
~ アイスコーヒーと豆菓子、珈琲所「コメダ珈琲店小堺店」において2017年1月1日に撮影。

s_161111コメダ珈琲店岐阜公園店⑤、ブレンドコーヒーとCモーニング.JPG
~ ブレンドコーヒーと小倉トースト、珈琲所「コメダ珈琲店岐阜公園店」で2016年11月11日に撮影。

s_160126おかげ庵上飯田店⑤、抹茶+おにぎりセット+どら焼き.JPG
~ 抹茶、おにぎりセット+どら焼き、珈琲所「コメダ珈琲店」チェーン姉妹店の甘味喫茶「おかげ庵上飯田店」において2016年1月26日に撮影。

「酒類以外の飲物」については酒税法による「酒類」の定義が明確なので都道府県によって解釈が異なることはないと思いますが、定義が明確ではない「茶菓」の解釈は都道府県によって異なることがあるようです。



さて、食品営業許可が必要な業種を定めている食品衛生法が、来年2018年に改正される方向で検討が進んでいます。

今年2017年6月26日に開催された厚生労働省「薬事・食品衛生審議会 食品衛生分科会」において配布された資料「食品衛生規制の見直しについて(案)」に明記された4つの検討課題は次の通りです。

1. HACCPによる衛生管理の制度化(対象:すべての食品等事業者)
2. 営業届出の創設及び許可制度の見直し
3. 食品用器具・容器包装の規制の見直し(ポジティブリスト制度の導入)
4. 食品リコール情報を把握する仕組みの構築

「食品衛生規制の見直し」については、厚生労働省生活衛生・食品安全審議官が参集した有識者等からの意見聴取の場としての食品衛生法改正懇談会が11月15日に「報告書(取りまとめ)」を公表しました。

この「報告書(取りまとめ)」に載っている提言の中に、(すべての食品等事業者を対象としたHACCPによる衛生管理の制度化を踏まえ)「営業許可制度の見直しと営業届出制度の創設」が入っています。

この提言、「薬事・食品衛生審議会 食品衛生分科会」の審議などを受けて厚生労働省は、食品衛生法等の改正案(食品衛生規制の見直しに関する案)を2018年の通常国会に提出する予定だそうです。

なお、「食品衛生規制等の見直しに向けた検討状況に関する説明会」が12月1日~15日の期間、全国7ヶ所で開催されます。

ご興味あのある方は、厚生労働省2017年11月10日付報道発表資料「食品衛生規制等の見直しに向けた検討状況に関する説明会」をご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184240.html




nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名勝「玄宮楽々園」〔滋賀県彦根市〕 [彦根めぐり]

江戸時代に「槻御殿(けやきごてん)」と呼ばれていた旧彦根藩の下屋敷は現在、庭園部分が「玄宮園」、建物部分が「楽々園」と呼ばれています。

「玄宮園」は、魚躍沼(ぎょやくしょう)と呼ばれる大きな池を中心とした大池泉回遊式庭園です。観覧料は「玄宮園」単独で一般200円、年中無休。

s_171120玄宮楽々園⑨、彦根城天守.JPG
~ 魚躍沼畔から見る対岸の隣池閣(りんちかく)、茶席「鳳翔台(ほうしょうだい)」、その先に彦根山に建つ国宝・彦根城天守。

「楽々園」にある建物へ入ることはできませんが、外から観覧することができます(観覧無料)。

s_171120玄宮楽々園④、御書院と地震の間.JPG
~ 「楽々園」にある御書院(左)と地震の間。

※ここまで、彦根市教育委員会文化財課が作成した指定文化財解説シートを参照しました。また、今回掲載した写真はすべて、2017年11月20日に撮ったものです。



さて、2017年11月20日(月曜日)の午前11時40分頃、名勝「玄宮楽々園」へ行ってきました。

s_171120玄宮楽々園①、東口.JPG
~ 「玄宮園」東口。

魚躍沼畔を歩き、龍臥橋、高橋を渡って、築山に建つ茶席「鳳翔台」へ向かいました。

s_171120玄宮楽々園⑫、茶席「鳳翔台」.JPG
~ 茶席「鳳翔台」。

s_171120玄宮楽々園⑭、古い茶室.JPG
~ 茶席「鳳翔台」の横にある古い茶室。

なお、「玄宮園」においては11月18日(土曜日)より12月3日(日曜日)までの期間(18時~21時)、夜間特別公開「錦秋の玄宮園ライトアップ」が開かれています(昼間の観覧券での入場はできませんのでご注意ください)。詳しいことは、彦根観光協会のウェブサイト「彦根観光ガイド」をご覧ください。

s_171120玄宮楽々園②、ライトアップの案内.JPG



nice!(94)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

豊川市茶室「心々庵」へ行ってきました〔豊川市桜ヶ丘ミュージアム〕 [茶室めぐり]

2017年11月18日(土曜日)の午前9時50分頃に、愛知県豊川市の茶室「心々庵」へ行ってきました。

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑥.JPG

茶室「心々庵」は、美術・歴史の常設展示室、市民ギャラリー、和室・会議室などから構成される複合施設の桜ヶ丘ミュージアムにある公共茶室です。

s_171118豊川市茶室「心々庵」①、表門.JPG
~ 茶室「心々庵」の表門。



さて、豊川市茶室「心々庵」において開かれた公益社団法人豊川文化協会主催の市民呈茶に初めて参加しました。

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑦、和室.JPG

この日の呈茶をご担当されたのは、煎茶松月流の方々でした。

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑨.JPG
~ 盛物は獅子柚子(鬼柚子)。

和菓子が先に運ばれてきましたが、2煎出しなので1煎目を飲んだ後に、いただきます。

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑮、立花屋本店「紅葉」.JPG
~ 和菓子は立花屋本店「紅葉」。

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑫.JPG

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑯、一煎目.JPG
~ 一煎目の水色(すいしょく)

豊川文化協会のウェブサイトに、市民呈茶、秋春の市民茶会、市民月例茶会の2017年度の開催予定日が載っています。都合が合うお茶会に参加する予定です。

s_171118豊川市茶室「心々庵」⑤.JPG

☆ 豊川市茶室「心々庵」
 (愛知県豊川市桜ケ丘町79番地の2桜ヶ丘ミュージアム内)
☆ 2017年11月18日(土曜日)午前9時50分頃利用



nice!(76)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かけがわ茶エンナーレお茶スポットの掛川市「二の丸茶室」へ行ってきました [茶室めぐり]

深蒸し茶(煎茶)の産地として知られる静岡県掛川市において2017年10月21日から開催されている

お茶のまち掛川がミュージアムに変わる30日間
かけがわ茶エンナーレ アートが いきづく 茶産地へ

が11月19日(日曜日)に最終日をむかえます。

s_171116二の丸茶室⑬、茶エンナーレパンフレット.JPG
~ 「かけがわ茶エンナーレ」のパンフレット。

「かけがわ茶エンナーレ」公式サイトを見ると、最終日の11月19日にファイナルイベント「大茶縁会」が掛川城公園三の丸広場で開催されるそうです。

詳細は→ かけがわ茶エンナーレ ファイナルイベント「大茶縁会」



さて、2017年11月16日(木曜日)の午後0時35分頃に、かけがわ茶エンナーレお茶スポットの掛川市「二の丸茶室」へ行ってきました。

s_171116二の丸茶室①、表門.JPG
~ 掛川市「二の丸茶室」は、平成14年(2002年)3月に竣工した公共茶室です。

s_171116二の丸茶室③、主棟.JPG
~ 庭園から見る「二の丸茶室」。

「二の丸茶室」は、茶事・茶会使用に貸室利用できる他、掛川城見学に訪れた観光客などのために呈茶が行われています。

・開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日 :年中無休
・呈茶代 :510円(抹茶または煎茶・和菓子付、税込)。

この日の呈茶は武者小路千家の方が当番でした。

s_171116二の丸茶室④、広間.JPG

s_171116二の丸茶室⑥、コマツ「吹き寄せ」.JPG
~ 和菓子はコマツ「吹き寄せ」。

☆ 掛川市「二の丸茶室」(静岡県掛川市掛川1138-24)
☆ 2017年11月16日(木曜日)午後0時35分頃利用



nice!(71)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶筅塚のある「法泉寺」へ行ってきました〔静岡県掛川市〕 [大人の社会見学(文化施設・セミナー・工場見学等)]

深蒸し茶(煎茶)の産地として知られる静岡県掛川市において2017年10月21日(土曜日)から11月19日(日曜日)までの期間、

お茶のまち掛川がミュージアムに変わる30日間
かけがわ茶エンナーレ アートが いきづく 茶産地へ

が開かれています。

s_171116二の丸茶室⑬、茶エンナーレパンフレット.JPG
~ 「かけがわ茶エンナーレ」のパンフレット。

「かけがわ茶エンナーレ」公式サイトに載っているイベント一覧ページを参照すると、掛川城「二の丸茶室」などでお茶会が企画されています。



さて、2017年11月16日(木曜日)の午後0時35分頃に、掛川市上西郷にある法泉寺へ行ってきました。

s_171116法泉寺②.JPG

永享12年(1440年)舂屋宗能大和尚が草創したと伝えられる法泉寺を訪ねたのは、定期的に茶筅供養が行われているという茶筅塚を見学するためです。

s_171116法泉寺③、茶筌塚.JPG

s_171116法泉寺④、茶筌塚.JPG

「かけがわ茶エンナーレ」関連の企画ではありませんが、法泉寺において11月26日(日曜日)に茶筅供養茶会が開かれるそうです。

☆ 曹洞宗 曹渓山 法泉寺(静岡県掛川市上西郷5076)
☆ 2017年11月16日(木曜日)午後0時35分頃利用



nice!(67)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -